At, one time

いろ色イロ

長いこと雨が続きますね・・・最近ようやく明けてきた感じもありますが。
こう天気が悪いと気分も下向きになりそう。髪も湿気でうねうねするし、外に出ても濡れるし家にいても家じゅう湿気でむしむし。
元気なのは雨に濡れて咲くアジサイくらいです。

ここいらで気分を変えたい。
てっとり早いのは・・・やっぱり服装かな。
普段は、「合わせやすい」とか「好き」とかいう理由で似たような色やデザインの物が多いんですが、先日ネットで「カラー診断」のページを見てみました。

当然ですが、「好きな色」と「似合う色」は別。
私も青は大好きだけど、青色の服を着てみると・・・どうも似合わない。
また、普段自分が似合っていると思って選んでいる色も実は第三者から見たらそれほどでもなかったりするんですね。

夏はカラフルな色の服がたくさん出ます。また比較的安価な商品が多い季節。新しい色やデザインにチャレンジできる季節です。

まずは自分の肌の色をきちんと把握することが大切だとか。
肌色でも大きく分けて3種類の肌色があるらしい。
確かにファンデーションを選ぶ時も、オークル、ピンク、ベージュ・・・などなど、まあ、メーカーで若干の色、種類、呼び方の違いがあるにせよ、自分の肌の色に合わせて色を選びますよね。
だから、私を含め、普段自己流というか自分の勝手な主観的判断でファンデーションの色を選んでいる人は、一度、カウンセラーのいるコスメコーナーに出向き、自分の肌の色、それに合うファンデーションの色を見てもらった方がいいのではないかと思います。
そこでちょっと自分に合う色のことなんかも聞いてみてもいいかも。
中にはカラーコーディネートの勉強をしている販売員さんも結構いるようです。

何も知らない販売員さんにあたった、もしくは恥ずかしくて聞けなかった人は、勧められたファンデーションの色を元に、自分の肌色を判断してください。
そしてその肌色に合う色を見つけましょう。
方法は色々。ネットでもパーソナルカラーやカラーコーディネートに関するページはたくさんあります。ただ、「カラーセラピー」や「カラー診断」は精神状態やなりたいイメージの色の紹介をしたりしていますので、似合う色とはちょっと意味合いが違うかも。

ちなみに私の肌に合う色は、パステル調のピンクを中心として、明るめのパステルカラーやスモーキー色。逆に似合わない色は派手なオレンジやテラコッタなどの茶色味がかった強い色だそうです。
似合わない(タイプに合わない)色を見に付けると、血色が悪かったりしわやしみが目立ったり、疲れた印象になるらしい・・・。
私は好きでよく着てた「真赤」が似合わない色に入っていた。ちょっとショック・・・。

でも、似合わないタイプの色でも、小物やボトムに持ってくれば大丈夫だそうです。

風水 健康運 色
[PR]
by carino59 | 2009-07-13 12:42