At, one time

カテゴリ:未分類( 6 )

太陽光発電システム

最近の住宅関連のCMで、やたらと「太陽光発電システム」のことが出ていると思いません?
パナホームも全面的に新築戸建てに太陽光発電を標準装備するとしています。
それには理由があるんです。

単なるエコ・ブームではありません。まあ、そのくらいでは量販側もこんなに大々的にPRしないだろうし、第一設置にはかなりの金額がかかる太陽光発電。個人の意識、善意くらいでは普及しないのが当然。それなりの理由と販売側のメリットがないと・・・。

政府はエネルギー・環境政策の中でその普及を明確に位置付けています。
内閣府と経済産業省で2009年4月にまとめた「未来開拓戦略(Jリカバリープラン)」の中では、太陽光発電に関して次の4点を明記しています。
①太陽光発電について2020年ごろ(?)には現在の20倍程度(現行目標10倍)の設置を目指す。このため、電気の安定供給を実現する世界最先端の系統制御システム等の開発を支援。
②太陽光発電に関して新たな買い取り制度を創設。電力会社は当初は現在の2倍程度の価格で余剰電力を買い取ること
③既存の施策とも併せた技術革新・需要拡大によって、機器の価格を3~5年後には現在の半額程度に低減することを目指す(この「目指す」ってのは結構くせもの)。
④公共建築物(庁舎や公立学校等約5万4000個所)や公的施設(道路関係施設、鉄道、空港、灯台、国立公園等)、農業用施設等への太陽光発電の導入を促進(当面3年間、重点実施)。(→まあ、施設面積や建物も大きいから効果は大。これは即やってほしいんだけど、自治体任せはやめてほしい)

また、戦略策定に先駆け、住宅への太陽光発電導入を促す狙いから補助金制度を2009年4月から運用を開始しています。
一定の条件を満たすシステム設置に対して、出力1キロワットあたり7万円の補助金を支給する仕組みだそうです。都道府県や区市町村でも補助金制度を運用する動きが見られています。例えば東京都では、一定条件を満たすシステム設置に対し「出力1キロワットあたり10万円」の補助金支給制度を創設しています。

でも、実際、個人住宅に太陽光発電システムを導入するのっていくらくらいかかるもんなんでしょう。そしてどれくらいの期間で、いわゆる「もとが取れる」といえるのでしょうか。

調べてみると、やはり通常の家電製品や自動車などへの価格観念やお得感は通用しないようです。

現時点で太陽光発電システムを自宅に導入する場合、補助金の支給を受けられるとしてもやはり100万円以上はかかるようだ。発電できる電気量の活用や電気売却などによって、それをどの程度回収できるのだろう。
設置費用を回収するまでの期間を短縮するとして注目されているのが、冒頭に紹介した「未来開拓戦略」が明記する電力会社の「買い取り制度」です。
 これは、太陽光発電の余剰電力を、電力会社が一定の期間、いまの2倍程度の価格で買い取るというもの。経済産業省では2010年度をめどに導入する方針を打ち出していて、関連法案を国会にすでに提出済みだということです。
これにより、今までは約30年かかっていたコスト回収が15年に短縮されたとしています。

回収期間が約半分に!・・・とはいっても15年です。
ある程度子育てなどでの出費が落ち着くのが早くても50代。それから太陽光システムを導入してももとが取れるようになるのは60代後半~70代。
さらに機器のメンテナンス等の費用は別途。
やはり個人的にはさほど魅力的だとは考えにくい。
「今、太陽光発電導入には追い風」と伝える記事もありますが、まだまだ一般化への道は遠いような気がします。
今検討するよりも、前述にあるように(③既存の施策とも併せた技術革新・需要拡大によって、機器の価格を3~5年後には現在の半額程度に低減することを目指す)機器の価格の下落を待った方が良いような気がします。


アスタリフト トライアルセット
[PR]
by carino59 | 2009-07-13 19:00

いろ色イロ

長いこと雨が続きますね・・・最近ようやく明けてきた感じもありますが。
こう天気が悪いと気分も下向きになりそう。髪も湿気でうねうねするし、外に出ても濡れるし家にいても家じゅう湿気でむしむし。
元気なのは雨に濡れて咲くアジサイくらいです。

ここいらで気分を変えたい。
てっとり早いのは・・・やっぱり服装かな。
普段は、「合わせやすい」とか「好き」とかいう理由で似たような色やデザインの物が多いんですが、先日ネットで「カラー診断」のページを見てみました。

当然ですが、「好きな色」と「似合う色」は別。
私も青は大好きだけど、青色の服を着てみると・・・どうも似合わない。
また、普段自分が似合っていると思って選んでいる色も実は第三者から見たらそれほどでもなかったりするんですね。

夏はカラフルな色の服がたくさん出ます。また比較的安価な商品が多い季節。新しい色やデザインにチャレンジできる季節です。

まずは自分の肌の色をきちんと把握することが大切だとか。
肌色でも大きく分けて3種類の肌色があるらしい。
確かにファンデーションを選ぶ時も、オークル、ピンク、ベージュ・・・などなど、まあ、メーカーで若干の色、種類、呼び方の違いがあるにせよ、自分の肌の色に合わせて色を選びますよね。
だから、私を含め、普段自己流というか自分の勝手な主観的判断でファンデーションの色を選んでいる人は、一度、カウンセラーのいるコスメコーナーに出向き、自分の肌の色、それに合うファンデーションの色を見てもらった方がいいのではないかと思います。
そこでちょっと自分に合う色のことなんかも聞いてみてもいいかも。
中にはカラーコーディネートの勉強をしている販売員さんも結構いるようです。

何も知らない販売員さんにあたった、もしくは恥ずかしくて聞けなかった人は、勧められたファンデーションの色を元に、自分の肌色を判断してください。
そしてその肌色に合う色を見つけましょう。
方法は色々。ネットでもパーソナルカラーやカラーコーディネートに関するページはたくさんあります。ただ、「カラーセラピー」や「カラー診断」は精神状態やなりたいイメージの色の紹介をしたりしていますので、似合う色とはちょっと意味合いが違うかも。

ちなみに私の肌に合う色は、パステル調のピンクを中心として、明るめのパステルカラーやスモーキー色。逆に似合わない色は派手なオレンジやテラコッタなどの茶色味がかった強い色だそうです。
似合わない(タイプに合わない)色を見に付けると、血色が悪かったりしわやしみが目立ったり、疲れた印象になるらしい・・・。
私は好きでよく着てた「真赤」が似合わない色に入っていた。ちょっとショック・・・。

でも、似合わないタイプの色でも、小物やボトムに持ってくれば大丈夫だそうです。

風水 健康運 色
[PR]
by carino59 | 2009-07-13 12:42

女性による住まいづくり

近年、空前の「リフォームブーム」だそうです。
以前であれば、マンションであれ戸建であれ、新築への需要が圧倒的だったのですが、不況や新築物件への耐震不安などにより、住宅購入者は中古物件を購入しリフォームする、また築年数の古い戸建てでも建て替えではなくリフォームを施すという人が増えてきているそうです。
「リフォーム」といっても、昔の「一部の間取り変更」や「老朽化した部分の補修」などというイメージからは遠く、想像以上に大幅なリフォームが行われているようです。
もう一つの大きな変化があります。
それは「女性建築家の需要」ということです。
以前は、建築の世界といえば、やはり男性が主流でした。
これは昔の建築形態の名残でしょう。
わが国では昔から、住宅の建築は「大工」の仕事でした。欧米では設計と建築はきっちり分かれていましたが、日本ではすべて「大工の棟梁」を中心にされていました。
ですので高い場所での作業や力仕事の多いこの建築分野には女性の入る場所がなかったのです。

しかし、最近では、アイルランド・キッチンの人気でもわかるように、女性の意見を取り入れた住宅への需要が高まっています。
本来、その「家」に長時間いて、その中のほぼすべてを取り仕切っている女性の使いやすさを重視するのは当然だと思うのですが、今まではそうではなかった。
しかしリフォームするとなると、ある程度住人の個性や住みやすさを形にすることができます。そこで女性の使い勝手を重視したリフォームが必要になってくるわけです。
でも、実際どんな間取り、どんな造りがいいのか、私たちでは分かりません。

そこで登場するのが「女性建築士」によるリフォームの提案です。

その需要に着目した女性がいます。
西村 幸子さんです。

彼女は大工の棟梁の娘で、結婚後父の工務店の仕事を 一緒にしていました。
しかし時代が変わる中で、これからはリフォームがもっと必要とされると確信。 今から13年前、リフォーム事業を本格的に始めました。
会社名は「株式会社 女性建築家チーム」。
社員は12名ですが、約30名の建築士が登録しています。
登録している建築家も築士の資格だけではなく様々な資格を持っています。
インテリアコーディネーターや木造組立作業主任者、福祉住環境コーディネーター、増改築相談員、 キッチンスペシャリスト、耐震技術認定者などなど・・・・。
色々な視点で様々なニーズに対応してくれます。
HPで施工例を画像で観ることもできます。
キッチンを中心に家族が集まるリビングや自然素材の壁や床、暖炉のある家・・・どれも個性的でこだわりが感じられます。

みんな女性の建築士なので、女性目線、主婦目線でのデザインや間取りを提案してくれます。
こちらからの要望や注文、変更依頼なども相手が女性だと話しやすいようで、スムーズに作業が進むそうです。
現にクレームもほとんどないというから、いかに必要だったのかということが分かりますね。
[PR]
by carino59 | 2009-07-04 00:04

身近にある芸術品

「椅子」には不思議な魅力があります。
家具という生活空間の中で実際に使用する機能的なものでありながら、一方で造形とその陰影が美しい、それだけで主張のある芸術品でもある不思議なモノ。
それは個性的な建築物の存在感に近いものがあります。

欧米では「家具は芸術」という認識が強くあります。
事実、多くの著名な建築家は素晴らしい「椅子」を生み出しています。

緩やかな曲線とそれに相対する縦の直線が優美な佇まいを生み出している「バレル・チェア」(1937年)の制作者は、有名なアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトです。
黒い格子状の高い背もたれを持つ黒い椅子「ヒルハウス№292」(1902年)はそれが作り出す美しい影も魅力です。これは近代ヨーロッパ建築に多大な影響を与えたチャールズ・レニー・マッキントッシュの作品です。
彼が手がけた邸宅は、この椅子に通づるイメージの格子や直線を多用した壁や階段のデザインが目を引きます。
強烈な曲線の存在感と個性が感じられる椅子「カサ・カルヴェット」(1900年頃)。一見しただけでそれがあの誰もが知っているサグラダファミリアの建築家アントニ・ガウディの作品だと分かります。彼の建築物にある個性的な曲線のイメージがこの椅子にも強く表れています。

世界の名作と言われる椅子のおよそ8割は建築家によるデザインのものだと言われています。
小さな、しかし精密に設計された美しいフォルムを持つ椅子。それを見ると建築家の個性と建物の原点が凝縮されているようです。

以前テレビのインタビューで建築家で椅子のデザインもする中村好文さんは、なぜ建築家が椅子を作るのかという問いにこう答えられていました。

「建築には常にクライアント(施主)がいて、その希望に沿って設計するし、費用や工期など色々な制限がある。」
「家具のデザインは一切の制約もなく、自分の発想をそのまま形にすることができる。」
また、くつろげる「椅子」を考えることにより、居心地のいい空間を持つ「家」を
造り出すこともできるそうです。
「人」が直に体を預ける「椅子」。その人に一番近い家具である椅子から、住環境である「住まい」を発想していくそうです。


「椅子」、特に気の椅子は時代を経ると、新しいものとは違った風合いも見せてくれます。その椅子に座っていると、包まれているような安心感と木目や色合いのもつ独特の質感があります。
私の自宅には木製のロッキングチェアがあります。
主人の父が昔購入したものらしく、ずいぶん古くなっていて、一度は捨てられそうになったものを修理して使っています。
当時はわざわざ修理しなくても・・・とちょっと思っていましたが、今はこの椅子が部屋にあるだけでなんだか落ち着き、そこで本を読むのが大好きになりました。
これからも大切に使い続け、ともに時代を過ごしていきたいなと思います。

小さな一つの家具である椅子。でもそこには造る人の思いや使う人の歴史が注ぎ込まれます。
だから椅子には不思議な魅力が生まれるのだと思います。
[PR]
by carino59 | 2009-06-30 15:09

リノベーション(リフォーム)のススメ

昨今の不景気の影響か、ここのところ「リフォーム」、「リノベーション」が注目されてきています。
「リフォーム」などは以前からありましたが、それはあくまでも今住んでいる住居の一部の間取りや老朽した個所を「変更する」という感じのものでした。
しかし最近雑誌などでもよく特集されているリフォームは、「中古物件を購入して自分の住みやすさを重視したスタイルにリフォーム(リノベーション)する」、あるいは「古い自宅や倉庫を、面影や思い出のある箇所をのこしつつ大幅にリフォームし、現代風の住みやすい住居に変える」というものが多いようです。

ここでちょっと「リフォーム」と「リノベーション」という言葉について説明しておきましょう。
リフォーム(reform)
改良・改善すること
《建築》改築・改装すること
=老朽化した建物を初期の性能に戻すことを言い、クロスの張り替え等の小規模な工事を意味します。

リノベーション(renovation)
改革・刷新
修理・修復
=建物の持つ初期の性能以上の新たな付加価値を付け加え再生させること。
つまり、施工により建物の耐震性能や空調機能、その他住環境の機能が向上します。

ではなぜ、今、リフォームやリノベーションが注目されてきているのでしょうか。

現代の日本では、本来「自分の住む住宅は新築するもの」という概念が強く、多くの人が、決して安くはない金額の住宅投資を新築住宅に費やしています。そのため頻繁な建物の新築→建て壊しを繰り返してきました。
一方で既存の住宅の一 割を超える件数が空家になっているというデータもあります。
都市部では人口の集中で新しい住宅への需要も高く、次々と新しい建物が建築されます。しかし既存の住宅は修繕補修されることは少なく、そのまま放置されてしまっているようです。

しかし、ここ近年の不景気で、新しい住宅を購入、建築する人が減ってきました。
また一時ニュースでも頻繁に取り上げられていた耐震問題に不安を感じる人も多いようです。この住宅の耐震性、要は住宅の販売価格を下げるため、建設コストを下げるために見えない部分の手を抜いた結果です。
そんなチャチな造りの家をわざわざ買うなんてばかばかしい。
それに比べ、バブル景気のときに造られた住宅は、それはそれは惜しみなくお金をかけて造られています。
築年数は経過していても、少し修繕を施せば今でも住宅として十分利用できます。
不安な新築物件を高いお金を出して購入するのに比べて、価格面でも絶対に低コストで済みますし、自分の好みや生活スタイルに合った生活空間を手に入れることができるのです。

また、環境保護の観点から見ても、リノベーション(リフォーム)は今後必要性を増すと思います。

平成18年6月8日に「住生活基本法」が公布・施行されました。住生活基本法は、わが国のこれまでの「住宅の新規供給量の確保」を中心とした政策を転換し、住宅市街地における居住環境を含めた「良質な住宅ストックの形成」を通じて豊かな住生活の実現を図ることを目的として制定されました。
計画期間は平成18年度から27年度までの10年間です。

このような法改正も追い風となり、建築業界でもリフォームやリノベーションに力を入れ始めているようです。
様々なサービスも提供され、買う側にも売る側にも有利な状況ができあがり、 消費者にとっては中古物件を購入することは身近なものになってくるでしょう。
[PR]
by carino59 | 2009-06-30 15:08

建築日記とコーディネート

僕は建築のメルマガこと"KEN-Platz NEWS"が定期的に送られてくるのですが、今回はその中で気になるニュースがあったのでご紹介
▼OMA設計のベルリンのオランダ大使館にミース賞
 レム・コールハース氏の設計事務所OMAが設計した在ベルリンオランダ大使館
にEUなどが主催する現代建築のための賞であるミース・ファン・デル・ローエ賞
が贈られた。
↑左3つ実際の写真/右ネットから(○側立面とか書きたいんだけど方角わかんねぇ)
だってよ。実はベルリンでこれ観てきたんです!!いや〜実に嬉しい。
レム氏に変わってお礼の言葉を私から述べさせて頂きます。
建築マップとかにもチョロッとしか載ってないレアな作品です。だけどみっけるのは結構すぐ。ファサードからしてレム丸出しでしたから…
流石に中への侵入はNOでしたが、我ら建築行脚のレム1発目だっただけに無駄に大騒ぎしたのを覚えております… その他のミース賞も実は生で観ていた。奇跡!!
カラーコーディネートもばっちり
自分が集合住宅を建築するときはこれで行こう。


まだ連休は始まっていないけれど、今日はよく寝過ぎで遅めの起床。
噂のシバザクラを見にちょっくら秩父まで行ってきました。
ここでも仏子の田舎っぷりを発揮すると、なんと秩父まで車で1時間!!近い。そして国道一本!!道も間違えません。というか間違えようがない…

木に咲くサクラもいいけど、地面に咲く一面のサクラと多くのサクラ(おっつ、観光客…)もなかなか良いもんです。シバザクラは全部で六種類。お買い求めもで来ます!!
グルリと見た後物産店+露店でモロキュウ/鮎の塩焼き/生ビール/焼き椎茸/蒟蒻/アイス/をペロリ(意外と喰ってる。デブッ=3)。
それにしても、ばぁちゃん達の観光ツアーメチャクチャ多かったな。遠方までご苦労さんです。
うちの母は仏子に来た方のみの特権ですのでトップシークレット☆
自分は何になりたいのか?建築家じゃないの??
じゃ、今何してんの?何もしてないじゃん!!
目標は掲げて終わりってもんじゃないぞ

最近自分の空間というものを創ってない。文字ばかりだ。。
課題がないから?学校のせいにすんじゃねぇ〜。アホか!!自分でやれよ!!!!
まったくやんなるよ。文字書いたって空間はでてこねっつぅ〜の!!
だから最近の自分に嫌気がさしてきた。何やってんだよ!!
お前は何になりたいんだ?どうしたいんだ!!
相変わらずのフューチャーハウス現場大工作業。
今日は幅木と回り渕の取り付け作業と補正…。(補正がチョー厄介)
電ノコ使ってきぃ切って、釘打って、補正して…。。。ボスにはかなわんがかれこれ結構やってるぞ?ホントは1日手伝うだけだったのに、気付けば助手レベルです
でもなんですなぁ〜。結構これが楽しいもんで、出来上がってくと嬉しくってしょうがないです。昔やってた"湯島もみじ"を思い出したり…
この大工作業も後二日!!絶対完成させてみせます☆
B型の人のバイブル☆

世界中で迫害を受けているB型メイツの皆様〜(笑)
素晴らしいサイトを見つけました。その名も
B型によるB型のためのB型の研究

そして素晴らしい言葉も書かれておりました☆

つまりは、誇りが高いのはB型かサイヤ人かってことです。

この試合。何やら話題性豊富でしたね。そうなってくるとFUJIも中継してくれる。。地上波オンリーの私には何とも嬉しい悲鳴なのです
まず、初のイングランド同士のベスト4での戦いである事
名称と呼ばれる監督(モウリーニョvsベニティス)しかも外国人監督
NO.8対決(S.ジェラードvsF.ランパード)代表で中盤の中央でもコンビを組む。イングランド1.2を争うセントラルハーフ。
まぁ、やんや書いとりますけど、多国籍軍団vsスパニッシュイングランドの戦いと言ってもいいんじゃないでしょうかね。この試合、僕の挙げるのキーマンはJ.コールとL.ガルシアあとは両監督ですね。
アウェイのリバプールはまずは堅守。隙をついてのカウンターをバロシュとガルシアに託すといった感じ。そのためにジェラードとシャビ・アロンソがもっと前をむいた状態からのロングフィードが欲しかった…
あとは、チェルシーの右サイド(グレン・ジョンソン)の所をリーセが必要に攻めてたけど、リーセの切れがこの試合では今ひとつ。左サイドでえぐる動きが2.3回あればもっと違った展開になっていたかなと(自分も左サイドの経験が豊富なもので…)、
後半は無理をしなくなった。これはもう2nd legを見越してだろう。次回はホームゲーム。アンフィールドでレッズの歓喜が聞けるのか…
一方チェルシーはダフの故障が痛かったが盤石の体制でこの試合を望む事ができたであろう。唯一怖いのはアウェイゴール。心無しかマケレレ、テリーのポジショニングは若干引き気味だった。前半から決定的チャンス(特にランパードのゴール2mくらいのボレー)を幾度となく演出するも得点には至らない。モウリーニョも焦りが募るのか、オーバーリアクション
後半はリバプールのギャラガー/ヒーピアのセンターバックが好守を連発し、得意とするカウンターもはじき返される。
後半ロッペンの投入で流れが変わるも、リバプールのというかベニティスのディフェンシブなサッカーによって得点をする事が出来ない。
結果はスコアレスドロー。普通なら次回ホームのリバプールに追い風となるはずなのだが、モウリーニョ率いるチェルシーは”アウェイゴール”を味方につけトルコ・イスタンブール行きのチケットを虎視眈々と狙っているようだった。モウリーニョには不適な笑みを浮かべスタンフォード・ブリッチを後にする

いや〜。書いた書いた。。どうも長くてスイマセン。
昔やってた携帯電話用サッカー速報サイトのバイトを思い出した。。。
っで、第2戦てFUJIやってくれるんですよね…じゃないと困るよ
[PR]
by carino59 | 2009-02-27 11:15