At, one time

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

身近にある芸術品

「椅子」には不思議な魅力があります。
家具という生活空間の中で実際に使用する機能的なものでありながら、一方で造形とその陰影が美しい、それだけで主張のある芸術品でもある不思議なモノ。
それは個性的な建築物の存在感に近いものがあります。

欧米では「家具は芸術」という認識が強くあります。
事実、多くの著名な建築家は素晴らしい「椅子」を生み出しています。

緩やかな曲線とそれに相対する縦の直線が優美な佇まいを生み出している「バレル・チェア」(1937年)の制作者は、有名なアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトです。
黒い格子状の高い背もたれを持つ黒い椅子「ヒルハウス№292」(1902年)はそれが作り出す美しい影も魅力です。これは近代ヨーロッパ建築に多大な影響を与えたチャールズ・レニー・マッキントッシュの作品です。
彼が手がけた邸宅は、この椅子に通づるイメージの格子や直線を多用した壁や階段のデザインが目を引きます。
強烈な曲線の存在感と個性が感じられる椅子「カサ・カルヴェット」(1900年頃)。一見しただけでそれがあの誰もが知っているサグラダファミリアの建築家アントニ・ガウディの作品だと分かります。彼の建築物にある個性的な曲線のイメージがこの椅子にも強く表れています。

世界の名作と言われる椅子のおよそ8割は建築家によるデザインのものだと言われています。
小さな、しかし精密に設計された美しいフォルムを持つ椅子。それを見ると建築家の個性と建物の原点が凝縮されているようです。

以前テレビのインタビューで建築家で椅子のデザインもする中村好文さんは、なぜ建築家が椅子を作るのかという問いにこう答えられていました。

「建築には常にクライアント(施主)がいて、その希望に沿って設計するし、費用や工期など色々な制限がある。」
「家具のデザインは一切の制約もなく、自分の発想をそのまま形にすることができる。」
また、くつろげる「椅子」を考えることにより、居心地のいい空間を持つ「家」を
造り出すこともできるそうです。
「人」が直に体を預ける「椅子」。その人に一番近い家具である椅子から、住環境である「住まい」を発想していくそうです。


「椅子」、特に気の椅子は時代を経ると、新しいものとは違った風合いも見せてくれます。その椅子に座っていると、包まれているような安心感と木目や色合いのもつ独特の質感があります。
私の自宅には木製のロッキングチェアがあります。
主人の父が昔購入したものらしく、ずいぶん古くなっていて、一度は捨てられそうになったものを修理して使っています。
当時はわざわざ修理しなくても・・・とちょっと思っていましたが、今はこの椅子が部屋にあるだけでなんだか落ち着き、そこで本を読むのが大好きになりました。
これからも大切に使い続け、ともに時代を過ごしていきたいなと思います。

小さな一つの家具である椅子。でもそこには造る人の思いや使う人の歴史が注ぎ込まれます。
だから椅子には不思議な魅力が生まれるのだと思います。
[PR]
by carino59 | 2009-06-30 15:09

リノベーション(リフォーム)のススメ

昨今の不景気の影響か、ここのところ「リフォーム」、「リノベーション」が注目されてきています。
「リフォーム」などは以前からありましたが、それはあくまでも今住んでいる住居の一部の間取りや老朽した個所を「変更する」という感じのものでした。
しかし最近雑誌などでもよく特集されているリフォームは、「中古物件を購入して自分の住みやすさを重視したスタイルにリフォーム(リノベーション)する」、あるいは「古い自宅や倉庫を、面影や思い出のある箇所をのこしつつ大幅にリフォームし、現代風の住みやすい住居に変える」というものが多いようです。

ここでちょっと「リフォーム」と「リノベーション」という言葉について説明しておきましょう。
リフォーム(reform)
改良・改善すること
《建築》改築・改装すること
=老朽化した建物を初期の性能に戻すことを言い、クロスの張り替え等の小規模な工事を意味します。

リノベーション(renovation)
改革・刷新
修理・修復
=建物の持つ初期の性能以上の新たな付加価値を付け加え再生させること。
つまり、施工により建物の耐震性能や空調機能、その他住環境の機能が向上します。

ではなぜ、今、リフォームやリノベーションが注目されてきているのでしょうか。

現代の日本では、本来「自分の住む住宅は新築するもの」という概念が強く、多くの人が、決して安くはない金額の住宅投資を新築住宅に費やしています。そのため頻繁な建物の新築→建て壊しを繰り返してきました。
一方で既存の住宅の一 割を超える件数が空家になっているというデータもあります。
都市部では人口の集中で新しい住宅への需要も高く、次々と新しい建物が建築されます。しかし既存の住宅は修繕補修されることは少なく、そのまま放置されてしまっているようです。

しかし、ここ近年の不景気で、新しい住宅を購入、建築する人が減ってきました。
また一時ニュースでも頻繁に取り上げられていた耐震問題に不安を感じる人も多いようです。この住宅の耐震性、要は住宅の販売価格を下げるため、建設コストを下げるために見えない部分の手を抜いた結果です。
そんなチャチな造りの家をわざわざ買うなんてばかばかしい。
それに比べ、バブル景気のときに造られた住宅は、それはそれは惜しみなくお金をかけて造られています。
築年数は経過していても、少し修繕を施せば今でも住宅として十分利用できます。
不安な新築物件を高いお金を出して購入するのに比べて、価格面でも絶対に低コストで済みますし、自分の好みや生活スタイルに合った生活空間を手に入れることができるのです。

また、環境保護の観点から見ても、リノベーション(リフォーム)は今後必要性を増すと思います。

平成18年6月8日に「住生活基本法」が公布・施行されました。住生活基本法は、わが国のこれまでの「住宅の新規供給量の確保」を中心とした政策を転換し、住宅市街地における居住環境を含めた「良質な住宅ストックの形成」を通じて豊かな住生活の実現を図ることを目的として制定されました。
計画期間は平成18年度から27年度までの10年間です。

このような法改正も追い風となり、建築業界でもリフォームやリノベーションに力を入れ始めているようです。
様々なサービスも提供され、買う側にも売る側にも有利な状況ができあがり、 消費者にとっては中古物件を購入することは身近なものになってくるでしょう。
[PR]
by carino59 | 2009-06-30 15:08