At, one time

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

太陽光発電システム

最近の住宅関連のCMで、やたらと「太陽光発電システム」のことが出ていると思いません?
パナホームも全面的に新築戸建てに太陽光発電を標準装備するとしています。
それには理由があるんです。

単なるエコ・ブームではありません。まあ、そのくらいでは量販側もこんなに大々的にPRしないだろうし、第一設置にはかなりの金額がかかる太陽光発電。個人の意識、善意くらいでは普及しないのが当然。それなりの理由と販売側のメリットがないと・・・。

政府はエネルギー・環境政策の中でその普及を明確に位置付けています。
内閣府と経済産業省で2009年4月にまとめた「未来開拓戦略(Jリカバリープラン)」の中では、太陽光発電に関して次の4点を明記しています。
①太陽光発電について2020年ごろ(?)には現在の20倍程度(現行目標10倍)の設置を目指す。このため、電気の安定供給を実現する世界最先端の系統制御システム等の開発を支援。
②太陽光発電に関して新たな買い取り制度を創設。電力会社は当初は現在の2倍程度の価格で余剰電力を買い取ること
③既存の施策とも併せた技術革新・需要拡大によって、機器の価格を3~5年後には現在の半額程度に低減することを目指す(この「目指す」ってのは結構くせもの)。
④公共建築物(庁舎や公立学校等約5万4000個所)や公的施設(道路関係施設、鉄道、空港、灯台、国立公園等)、農業用施設等への太陽光発電の導入を促進(当面3年間、重点実施)。(→まあ、施設面積や建物も大きいから効果は大。これは即やってほしいんだけど、自治体任せはやめてほしい)

また、戦略策定に先駆け、住宅への太陽光発電導入を促す狙いから補助金制度を2009年4月から運用を開始しています。
一定の条件を満たすシステム設置に対して、出力1キロワットあたり7万円の補助金を支給する仕組みだそうです。都道府県や区市町村でも補助金制度を運用する動きが見られています。例えば東京都では、一定条件を満たすシステム設置に対し「出力1キロワットあたり10万円」の補助金支給制度を創設しています。

でも、実際、個人住宅に太陽光発電システムを導入するのっていくらくらいかかるもんなんでしょう。そしてどれくらいの期間で、いわゆる「もとが取れる」といえるのでしょうか。

調べてみると、やはり通常の家電製品や自動車などへの価格観念やお得感は通用しないようです。

現時点で太陽光発電システムを自宅に導入する場合、補助金の支給を受けられるとしてもやはり100万円以上はかかるようだ。発電できる電気量の活用や電気売却などによって、それをどの程度回収できるのだろう。
設置費用を回収するまでの期間を短縮するとして注目されているのが、冒頭に紹介した「未来開拓戦略」が明記する電力会社の「買い取り制度」です。
 これは、太陽光発電の余剰電力を、電力会社が一定の期間、いまの2倍程度の価格で買い取るというもの。経済産業省では2010年度をめどに導入する方針を打ち出していて、関連法案を国会にすでに提出済みだということです。
これにより、今までは約30年かかっていたコスト回収が15年に短縮されたとしています。

回収期間が約半分に!・・・とはいっても15年です。
ある程度子育てなどでの出費が落ち着くのが早くても50代。それから太陽光システムを導入してももとが取れるようになるのは60代後半~70代。
さらに機器のメンテナンス等の費用は別途。
やはり個人的にはさほど魅力的だとは考えにくい。
「今、太陽光発電導入には追い風」と伝える記事もありますが、まだまだ一般化への道は遠いような気がします。
今検討するよりも、前述にあるように(③既存の施策とも併せた技術革新・需要拡大によって、機器の価格を3~5年後には現在の半額程度に低減することを目指す)機器の価格の下落を待った方が良いような気がします。


アスタリフト トライアルセット
[PR]
by carino59 | 2009-07-13 19:00

いろ色イロ

長いこと雨が続きますね・・・最近ようやく明けてきた感じもありますが。
こう天気が悪いと気分も下向きになりそう。髪も湿気でうねうねするし、外に出ても濡れるし家にいても家じゅう湿気でむしむし。
元気なのは雨に濡れて咲くアジサイくらいです。

ここいらで気分を変えたい。
てっとり早いのは・・・やっぱり服装かな。
普段は、「合わせやすい」とか「好き」とかいう理由で似たような色やデザインの物が多いんですが、先日ネットで「カラー診断」のページを見てみました。

当然ですが、「好きな色」と「似合う色」は別。
私も青は大好きだけど、青色の服を着てみると・・・どうも似合わない。
また、普段自分が似合っていると思って選んでいる色も実は第三者から見たらそれほどでもなかったりするんですね。

夏はカラフルな色の服がたくさん出ます。また比較的安価な商品が多い季節。新しい色やデザインにチャレンジできる季節です。

まずは自分の肌の色をきちんと把握することが大切だとか。
肌色でも大きく分けて3種類の肌色があるらしい。
確かにファンデーションを選ぶ時も、オークル、ピンク、ベージュ・・・などなど、まあ、メーカーで若干の色、種類、呼び方の違いがあるにせよ、自分の肌の色に合わせて色を選びますよね。
だから、私を含め、普段自己流というか自分の勝手な主観的判断でファンデーションの色を選んでいる人は、一度、カウンセラーのいるコスメコーナーに出向き、自分の肌の色、それに合うファンデーションの色を見てもらった方がいいのではないかと思います。
そこでちょっと自分に合う色のことなんかも聞いてみてもいいかも。
中にはカラーコーディネートの勉強をしている販売員さんも結構いるようです。

何も知らない販売員さんにあたった、もしくは恥ずかしくて聞けなかった人は、勧められたファンデーションの色を元に、自分の肌色を判断してください。
そしてその肌色に合う色を見つけましょう。
方法は色々。ネットでもパーソナルカラーやカラーコーディネートに関するページはたくさんあります。ただ、「カラーセラピー」や「カラー診断」は精神状態やなりたいイメージの色の紹介をしたりしていますので、似合う色とはちょっと意味合いが違うかも。

ちなみに私の肌に合う色は、パステル調のピンクを中心として、明るめのパステルカラーやスモーキー色。逆に似合わない色は派手なオレンジやテラコッタなどの茶色味がかった強い色だそうです。
似合わない(タイプに合わない)色を見に付けると、血色が悪かったりしわやしみが目立ったり、疲れた印象になるらしい・・・。
私は好きでよく着てた「真赤」が似合わない色に入っていた。ちょっとショック・・・。

でも、似合わないタイプの色でも、小物やボトムに持ってくれば大丈夫だそうです。

風水 健康運 色
[PR]
by carino59 | 2009-07-13 12:42

女性による住まいづくり

近年、空前の「リフォームブーム」だそうです。
以前であれば、マンションであれ戸建であれ、新築への需要が圧倒的だったのですが、不況や新築物件への耐震不安などにより、住宅購入者は中古物件を購入しリフォームする、また築年数の古い戸建てでも建て替えではなくリフォームを施すという人が増えてきているそうです。
「リフォーム」といっても、昔の「一部の間取り変更」や「老朽化した部分の補修」などというイメージからは遠く、想像以上に大幅なリフォームが行われているようです。
もう一つの大きな変化があります。
それは「女性建築家の需要」ということです。
以前は、建築の世界といえば、やはり男性が主流でした。
これは昔の建築形態の名残でしょう。
わが国では昔から、住宅の建築は「大工」の仕事でした。欧米では設計と建築はきっちり分かれていましたが、日本ではすべて「大工の棟梁」を中心にされていました。
ですので高い場所での作業や力仕事の多いこの建築分野には女性の入る場所がなかったのです。

しかし、最近では、アイルランド・キッチンの人気でもわかるように、女性の意見を取り入れた住宅への需要が高まっています。
本来、その「家」に長時間いて、その中のほぼすべてを取り仕切っている女性の使いやすさを重視するのは当然だと思うのですが、今まではそうではなかった。
しかしリフォームするとなると、ある程度住人の個性や住みやすさを形にすることができます。そこで女性の使い勝手を重視したリフォームが必要になってくるわけです。
でも、実際どんな間取り、どんな造りがいいのか、私たちでは分かりません。

そこで登場するのが「女性建築士」によるリフォームの提案です。

その需要に着目した女性がいます。
西村 幸子さんです。

彼女は大工の棟梁の娘で、結婚後父の工務店の仕事を 一緒にしていました。
しかし時代が変わる中で、これからはリフォームがもっと必要とされると確信。 今から13年前、リフォーム事業を本格的に始めました。
会社名は「株式会社 女性建築家チーム」。
社員は12名ですが、約30名の建築士が登録しています。
登録している建築家も築士の資格だけではなく様々な資格を持っています。
インテリアコーディネーターや木造組立作業主任者、福祉住環境コーディネーター、増改築相談員、 キッチンスペシャリスト、耐震技術認定者などなど・・・・。
色々な視点で様々なニーズに対応してくれます。
HPで施工例を画像で観ることもできます。
キッチンを中心に家族が集まるリビングや自然素材の壁や床、暖炉のある家・・・どれも個性的でこだわりが感じられます。

みんな女性の建築士なので、女性目線、主婦目線でのデザインや間取りを提案してくれます。
こちらからの要望や注文、変更依頼なども相手が女性だと話しやすいようで、スムーズに作業が進むそうです。
現にクレームもほとんどないというから、いかに必要だったのかということが分かりますね。
[PR]
by carino59 | 2009-07-04 00:04